大阪の夏の風物詩 なにわ淀川花火大会 協賛金と協賛観覧席チケットの収益金は大会運営に使われております。

なにわ淀川花火大会
第29回なにわ淀川花火大会は無事終了いたしました。

船で来場される方へ

2013年、船舶から花火観覧をされた方が帰港途中、淀川内で船舶同士の衝突沈没事故を起こされました。

そのような事故を踏まえ、協力船のみが淀川大橋(国道2号線)から上流に入れることとさせていただきます。協力船は、なにわ淀川花火大会運営委員会に対して各誓約事項を守ることをお約束いただく念書及び船舶検査証書を記載の番号宛てにファックスにて提出され安全協力の寄付金を8月2日(水)までに振り込まれたことが確認された方です。

※上記よりPDFをダウンロードし、FAXにて送付してください。

寄付金のお振込先はこちらです。振込の名義は念書の氏名でお願いします。

安全協力の寄付金お振込先口座

  • 金融機関名:三菱東京UFJ銀行 十三支店(店番号:068)
  • 口座:普通預金 / 3686549
  • 口座名:なにわ淀川花火大会(ナニワヨドガワハナビタイカイ)
  • 期限:8月2日(水)まで
  • ※振込手数料はご負担いただきますようお願いいたします

なお、淀川大橋(国道2号線)より上流に入る協力船は、当日午後5時~6時の間に
淀川大橋前の看板船にて識別票を受け取ってください。
また、協力船ではない一般船も、協力船も下記の注意事項を守ってください。

ご注意事項

速度を落としてゆっくり航行を

河口で船舶同士の衝突・沈没事故が発生しております
。 早い速度、急加速は衝突の原因になります。
河川でも河口でも、速度を落としてゆっくり航行して下さい。

帰路はゆっくり出航、安全帰港にご協力を

花火打ち上げ終了後は、河口へ向かう船舶で混雑します。
時間に余裕のある船舶は、混雑回避のため、しばらくその場から夜景を楽しむ等して留まっていただき、
時差出航にご協力下さい。

原則右側航行の励行

狭い河川を航行するときは、努めて中央から右側を航行しましょう。

有資格者の操船を

阪神港大阪区域内を航行する時は、小型船舶操縦士の有資格者自ら操船することが
義務付けられています。 無資格者の操船は禁止されているので注意しましょう。

見張り警戒を

航行中は他の船舶との安全確保のため見張りを増やしましょう。
多くなればなるほど安全です。
見張りの方は衝突の恐れが生じたら、その旨を素早く操舵手に伝えましょう。

花火観覧中も見張りを

当日は大潮の引き潮の時間帯となることから、激しく流される恐れがあります。
操縦者は確実な見張りにより接触防止に努めましょう。

手漕ぎボート、カヤックでの花火見物はやめましょう

思いやりをもって安全航行を

  • 夜間航行時は、航海灯以外の投下は消灯して航行しましょう。
  • サーチライトのつけっぱなしは危険です。使用は最小限に。
  • 少しくらい遠回りをして、船舶の密集水域を避けて航行しよう。
  • 救命胴衣は確実に着装し、予備の救命胴衣も取り出しやすく準備しよう。
協賛金と協賛観覧席チケットの収益金はすべて大会運営に使われております

連絡情報

基金について
居住者証・報道機関許可書等の各種ダウンロードページ
船で来場される方
寄付金
ボランティア募集

花火情報

花火豆知識
花火写真スライドショー
過去のイベント

リンク集・サイトマップ

Facebook